コラム

知りたい!外壁塗装の工程について

こんにちは!神奈川県川崎市に拠点をかまえ、防水工事や外壁塗装などの塗装工事を手掛けている株式会社塗來です。
未経験の方で塗装工事にご興味がある方は、各塗装工事がどのように進められているのか知らない方もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、塗装工事の仕事にご興味がある方向けに外壁塗装の工程をご紹介します。

下塗り


外壁塗装は3回塗りを基本としていますが、下塗りは1回目の工程になります。
いわゆる下準備の工程で、省略したりミスがあったりすると、塗膜が剥がれやすくなってしまいます。
塗装は10年近く機能を保つことができるといわれていますが、下塗りをしっかりと行わないと、耐久年数が下がることも考えられるでしょう。
そして、中塗りや上塗りの工程を適切に仕上げるためにも欠かせません。
また、塗り替え工事の場合、下塗りの前には傷んだ塗膜を剥がしたり、高圧洗浄で汚れを落としたりすることもあります。
汚れや余計な塗膜が残っていることで、下塗り用の塗料の密着が弱くなってしまうことが理由です。
また、上塗りで使う塗料によって下塗り用の塗料があらかじめ定められていることもあります。
これは、メーカーで塗料が十分な効果を発揮できるように組み合わせを決めているのです。
そのため、施工に携わる際には、下塗り用の塗料と上塗り用の塗料の組み合わせについても覚えておくことをおすすめします。

中塗り・上塗り

中塗りは2回目の工程で、上塗りは3回目の工程にあたります。
そして、中塗りでも上塗りでも同じ塗料を使うのが一般的です。
中塗りには、上塗りの際に起こりがちな塗りムラを防ぐ目的があります。
中塗りを省略してしまうと、下塗りと上塗りの2回だけで塗装を完了させてしまいますが、塗装の薄い面と厚い面が生じるケースがあるのです。
そのため、美観を意識するなら中塗りを飛ばすのはよくありません。
また、上塗りは仕上げの工程です。
中塗りで塗りきれなかったムラなど、塗り残しをカバーするために行います。
塗装工事はこのような工程で行っており、どの工程もとても大切なのです。

【求人】塗來では新規スタッフを募集中!


株式会社塗來では、現在塗装工事に取り組みたい方を募集中です。
経験や性別を問わず、弊社では幅広い人材が切磋琢磨しております。
塗装工事の現場で成長したい方やスキルアップしたい方は、ぜひ弊社求人へご応募ください。

塗來へご相談ください!

各種塗装工事が必要な方は、株式会社塗來へご依頼ください。
丁寧にご要望をご確認し、現場調査を徹底しております。
また、塗料や工法など最適なものをご提案いたしますので、お気軽にご連絡ください。
各種ご依頼のご相談をお待ちしております。
最後までご覧頂き誠にありがとうございました。