コラム

外装塗装の劣化原因とは?

こんにちは!神奈川県川崎市に拠点を据え、関東地区を対象に、外壁塗装などの各種塗装工事・防水工事・内装工事を行っている株式会社塗來です。
弊社に関わる全ての皆様への感謝の気持ちを忘れずに、日々の業務にひたむきに取り組んでおります。
外壁を塗装しても、時間が経っていくほどに塗装表面は必ず劣化してきます。
なぜ、外壁塗装は劣化が起きるのでしょうか?
今回は、外壁塗装の劣化原因をご紹介します。

太陽光


外壁塗装の一番の劣化原因となるものは、太陽光です。
太陽光の紫外線と熱による影響は想像以上で、紫外線や熱などが塗装を分解し破壊することで、壁の劣化が進行していきます。
そのため、太陽光のあたりやすい南面の壁では、北面の壁と比較してかなり劣化が進行しやすい傾向にあります。
このように、塗料の色褪せやチョーキングなどの現象は、紫外線の影響を多く受けるほど早まるのです。

雨・風

雨や風もまた、外壁塗装の劣化原因の一つです。
外壁は、常に雨や風にさらされています。
雨は酸性雨なので、触れ続けていくことでどんどん外壁表面を浸食していき、劣化してしまいます。
そして、酸性雨で劣化した外壁に風の影響も加味して、劣化はより激しくなってしまうのです。
台風や強風によって雨が外壁に打ち付けられることで、特に金属のトタンなどの外壁はサビの症状が必ずといっていいほど発生します。
外壁塗装の劣化が進行すると、塗装が持つ防水機能は徐々に失われ、雨水の浸入を許すようになります。
そして、雨水は建物内部へと浸入し、躯体を腐食させていき、住まいの寿命を大きく縮めることもあるのです。
そのため、劣化症状が見られたらすぐに対策することが必要です。

塗來へご相談ください!


塗來は、各種塗装工事・防水工事・内装工事を行っております。
弊社は、これまで多くの現場で培ってきた豊富な経験と知識があり、安定した品質をご提供してまいりました。
高品質な施工でお客様の大切な建物を守り、皆様の暮らしを支えます。
各種施工に関することは、株式会社塗來にお気軽にご相談ください。

【求人】塗來では新規スタッフを募集中!

現在弊社では、新規現場スタッフを募集しております。
ご応募にあたって、現場経験の有無は一切問いません。
さらに、仕事に必要な資格の取得費用を弊社で負担する資格取得支援制度も設けており、経験を積みながらステップアップをすることができます。
皆様のご応募を心よりお待ちしております。

最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。